口唇ヘルペス

口唇ヘルペスにバルシビルが効きます

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスが原因となって起きます。

 

 

多くの場合は子供のころに感染しています。

 

 

単純ヘルペスウイルスは、症状が消えても顔の三叉神経に潜んでいて、免疫力が低下するたびに活性化して、唇やその周辺にふたたび水疱となって現れます。

 

 

ヘルペスは疲れた時や、体力が落ちた時に再発しやすいのです。

 

 

口唇ヘルペスの治療にはバルトレックスという薬がよく使われます。

 

 

大変良く効くお薬ですが薬の価格が高く、何度も繰り返す口唇ヘルペスには経済的負担が大きいことが難点でした。

 

 

しかし、2013年バルトレックスの特許が失効し、ジェネリック医薬品が販売されるようになりました。

 

 

バルシビルは、インドの製薬会社「シプラ」が製造販売しています。

 

 

バルトレックスのジェネリックであり、同じ効果でありながら安い価格で購入できます。

 

 

最近では、こうした海外のジェネリックも個人輸入サイトから手軽に購入できるようになりました。

 

 

バルトレックスに比べて費用は1/3程度に抑えられるので、とても使いやすいですね。

 

 

こうした個人輸入サイトからの購入では、薬が届くまで7日から2週間ほどの日数がかかります。

 

 

いざ、症状が出てから購入していたのでは間に合いません。

 

 

しかしヘルペスを再発しやすい人は経験から症状が出そうな感覚が分かりますので、事前に購入しておけば症状が出た時に直ちに服用することができます。

 

 

バルシビルは、発症後早めに服用することで効果を得られる薬です。

 

 

上手に利用して早めに治療をしましょう。